Ethereumが扱えるセキュリティ最強のハードウェアWalletリスト

Ethereum(イーサリアム)

ここ最近何度も脆弱性が見つかっているParity Ethereum Walletですが、ここまで脆弱性が見つかるとどのWalletが良いのか不安になってきます。そこでどのWalletが一番セキュリティ高いのかと考えてみると、ハードウェアWalletなのかなと。

ハードウェアWalletとは仮想通貨を保管するための物理的な財布(Wallet)という意味ですね。
全ての権限を持つ鍵をハードウェアに持つことにより、こうしてオフラインにすることでセキュリティが強固になります。

メリットとしては以下のようなものがあげられます。

– 送金をする時にハードウェアウォレットを使わないといけない
– 本体を盗まれない限り安全
– 盗まれても暗証番号がわからないと何もできない
– 特殊な機器のためウィルスやマルウェアのようなものに感染することがない
– PCに接続して使いますが、画面を盗み見られても全く問題のないような設計
– オープンソースで作られている
– ほとんどのハードウェアは、デビットカードのようなピン番号で暗号化されています。デビットカードは別のレイヤセキュリティを追加します

ハードウェアWalletの唯一の欠点はハードの購入代金がかかるということです。自分のUSBをElectrum LTCを使用して一時的なコールドウォレットに変えることも検討してもよいかもしれません。

今回はEthereumを扱えるハードウェアウォレットがどのようなものがあるか調べていくつかピックアップしてみることにしました。

Sponsored Link


Trezor

https://wallet.trezor.io/

Segwit2Xハードフォークの対応をすると発表しています。ハードフォークしないことになりました。

日本でも割と使用率の高いハードウェアウォレットです。自分仕様にカスタムを施すことも可能で、DASHなどの通貨も保管可能です。

– Bitcoin(BTC)
– Bitcoin Cash(BCH)
– Ethereum(ETH)
– Ethereum Classic(ETC)
– Litecoin(LTC)
– Dash(DASH)
– Zcash(ZEC)
– ERC20準拠のコイン

MyEtherWalletと連携をすることができ、「MyEtherWallet」で保存できるイーサリアム系の「トークン」ならば保存することができます。そのトークン数なんと100種類以上。イーサリアム系のトークンをたくさん保有している人にはすごく嬉しいサービスです。

Ledger Nano S(レジャーナノエス)

https://www.ledgerwallet.com/

Segwit2Xハードフォークの対応をすると発表しています。ハードフォークしないことになりました。

説明書も必要ないくらいにシンプルでありChromeでLedger Walletアプリをダウンロードすればすぐに使えます。デザインも超小型でしゃれおつです。スマートフォンを使って送金前に2段階認証も可能です。
ただ、一定数以上の通貨をインストールすると、メモリ不足で全部のコインをウォレットに保管できない、との話も聞きます。
対応通貨は以下の通りです。

– Bitcoin(BTC)
– Bitcoin Cash(BCH)
– Ethereum(ETH)
– Ethereum Classic(ETC)
– Ripple(XRP)
– Litecoin(LTC)
– Zcash(ZEC)
– Dash(DASH)
– Dogecoin(DOGE)
– Komodo(KMD)
– Ark(ARK)
– ERC20準拠のコイン

Trezorに比べてRipple(XRP)が入っているのが大きいですね。
送金手数料もやすくTrezoの20分の1程度の送金手数料でできます。

Trezor同様にMyEtherWallet と連携をすることができ、「MyEtherWallet」で保存できるイーサリアム系の「トークン」ならば保存することができます。

KeepKey

https://www.keepkey.com/

Segwit2Xハードフォークの対応は2017年11月8日時点ではまだ未発表です。ハードフォークしないことになりました。

デザインもかっこよく、デバイス自体がプライベートキーを生成、保管を行います。保管されているプライベートキーは接続されたコンピューターとシェアすることはありません。セキュリティにすぐれたウォレットです。

ただ、対応通貨はやや少なめですね。BTC入ってないかぁ。

– Ethereum(ETH)
– Litecoin(LTC)
– Dogecoin(DOGE)
– Dash(DASH)
– Namecoin(NMC)

Digital Bitbox

https://digitalbitbox.com/index

Segwit2Xハードフォークの対応は2017年11月8日時点ではまだ未発表です。ハードフォークしないことになりました。

Digital Bitboxは、スイスに拠点を置くShift Devices AG社のハードウェアウォレットです。
ブラウザベースの拡張のリスクを回避する独自のネイティブソフトウェアアプリが付属しています。ユーザーはオフラインでいつでもmicroSDカードを使用してバックアップとリカバリを楽しむことができ、ウォレット間で簡単にお金を転送できます。

Bitcoin専用のハードウェアWalletと思いきや、ETH、ETCも扱えます。また、ERC20に準拠するコインも使えます。TerzorとLedgerと同じですね。

– Bitcoin(BTC)
– Bitcoin Cash(BCH)
– Ethereum(ETH)
– Ethereum Classic(ETC)
– ERC20準拠のコイン

TorとTails OS(強固なセキュリティ機能を備えたポータブルOSで、DVDやUSBにインストールが可能)に準拠しています。

価格は8,000円程度です。

まとめ

一通りハードウェアWalletを調べてみてわかったのが、所有するということでデザインにこだわっている製品が多いです。やはり持つものはデザイン性にすぐれているものの方がよいですよね。
また、今回のSegwit2Xハードフォークはしないことになりましたが、対応の速さでTrezor, Ledgerがいいです。あとは、取り扱うcoinの量が多いです。特にリップル持ちの人にはLedgerおすすめですね。

自分としてはよほどのこだわりがない限りLedger Nano S(レジャーナノエス) がおすすめです。

Sponsored Link

ビットコイン(Bitcoin)、イーサリアム(Ethereum)、リップル(Ripple)、ネム(NEM)などの仮想通貨を買うならZaifがおすすめです。

特に国内でETHを購入するなら、アルトコインでも板取引に対応しているZaif(ザイフ)が割安なのでよいですよ。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Ethereum(イーサリアム)
Web3.0 dApps Browser の Brave & BAT(Basic Attention Token)

以前話題になったWeb3.0 dAppsの例ですが web 2.0 Apps -> web 3 …

Dapps
IPFSとブロックチェーンのDAppsサンプルに触れてみる

巷では最近IPFSとブロックチェーンを組み合わせてDAppsを作るパターンが増えてきているようで ブ …

Ethereum(イーサリアム)
Error: The contract code couldn’t be stored, please check your gas amount.

ALISのICOソースのzeppelinバージョンを1.2から1.8にあげようとしたときにはまったエ …