秘密鍵からnanoWalletにアカウント情報をインポートする方法

NEM

NEMの開発をしていて、NEMのAPIを使って作成したアドレスの内容をnanoWalletで参照したいこともあるかと思います。

本記事では、nanoWalletに秘密鍵を使ってアカウント情報をインポートする情報を記載します。

Sponsored Link


具体的な方法

その場合、nanoWalletを起動して、右上の「アカウント作成」を押すと以下画面が表示されるかと思いますが、ここで「プライベートキーウォレット」を選択します。

その後以下情報を入れて、

ウォレット名 任意の名前
秘密鍵 APIなどで作成したアカウントの秘密鍵
アカウントアドレス 秘密鍵を入れるとアカウントアドレスが自動で表示されます
ネットワーク アカウントが存在するネットワークを選択します。MainnetやTestnetなどですね
パスワード 任意の文字列

「プライベートキーウォレットを作成」ボタンを押すと、nanoWalletにアカウント情報を取り込むことができます。
結構簡単です。

これは、秘密鍵がいかに重要かということも暗に示しています、秘密鍵がわかったら、簡単にWalletの資金移動できてしまいますよね。

以上、秘密鍵からnanoWalletを使う方法でした。

Sponsored Link

ビットコイン(Bitcoin)、イーサリアム(Ethereum)、リップル(Ripple)、ネム(NEM)などの仮想通貨を買うならZaifがおすすめです。

特に国内でETHを購入するなら、アルトコインでも板取引に対応しているZaif(ザイフ)が割安なのでよいですよ。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Dapps
ERC721のサンプルコード上を使ってデータを譲渡してみる

前回の記事からの続きです。 テストまで前回通したので、いよいよ送金をやってみます。 Sponsore …

Ethereum(イーサリアム)
ERC721のサンプルコードを動かしてみる

以前ERC721を紹介しましたが今回はその際に紹介したサンプルコードを動かしてみようと思います。 S …

Bitcoin(ビットコイン)
Bitcoinをカスタマイズする際にエラーで落ちて出力されたCoreファイルをトレースする

bitcoinの開発を行なっているとどうしてもセグメンテーションエラーなどでプログラムがとまってCo …