NiceHashの支払い手数料とスケジュール

NiceHash

NiceHashでマイニングをしていますが、支払いスケジュールと手数料がよくわからなかったので自分なりにまとめました。

前提として、内部アドレス(NiceHashで発行するBitcoinアドレス)を使う場合と、外部アドレス(CoincheckなどNiceHash以外のBitcoinアドレス)を使う場合で支払いスケジュールと、手数料が変わってきます。

Sponsored Link


支払いスケジュール

*2017/12/03時点の記載です
https://www.nicehash.com/help/when-and-how-do-you-get-paid

外部アドレスを指定した場合

未払い量が

– 0.1BTC以上ある場合は、1日に1回
– 0.01BTC以上の場合は、1週間に1回

内部アドレス(Nicehashwallet)を指定している場合

未払い量が

– 0.001BTC以上になった場合、1日に1回

支払い手数料

*2017/12/03時点の記載です
https://www.nicehash.com/help/fees#withdrawalFee

外部アドレスを指定した場合

外部ウォレットへの0.1BTC未満の払い出し 手数料4%
外部ウォレットへの0.1BTC以上の払い出し 手数料3%

内部アドレス(Nicehashwallet)を指定している場合

内部ウォレットへの0.001BTC以上の払い出し 手数料2%
内部ウォレットから外部ウォレットへの0.15BTC以下の転送(振込のようなもの) 手数料0.0003BTC
内部ウォレットから外部ウォレットへの0.15BTC以上の転送(振込のようなもの) 転送するBTCの0.2%

一番効率が良いのは?

以下にNiceHashが公式で出している比較表があります。

https://www.nicehash.com/images/uploads/Sellers_Fees_001.xls

これを見る限り0.02BTC以下であれば外部Walletの手数料が安くなり、それ以上ですと内部Walletが安くなりそうです。

こまめに0.01〜0.02BTCの間で引き出したい人は、外部Wallet。
0.02BTC以上で引き出す場合は内部Walletを使用するとよさそうです。

Sponsored Link

ビットコイン(Bitcoin)、イーサリアム(Ethereum)、リップル(Ripple)、ネム(NEM)などの仮想通貨を買うならZaifがおすすめです。

特に国内でETHを購入するなら、アルトコインでも板取引に対応しているZaif(ザイフ)が割安なのでよいですよ。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Ethereum(イーサリアム)
ERC721とは?CryptoKitties(暗号猫)でも使われているEthereumの規格

巷を騒がせているEthereumのDAppsゲームであるCryptoKitties(暗号猫) これに …

Bitcoin(ビットコイン)
Bitcoinをカスタマイズする際にエラーで落ちて出力されたCoreファイルをトレースする

bitcoinの開発を行なっているとどうしてもセグメンテーションエラーなどでプログラムがとまってCo …

Ethereum(イーサリアム)
ERC20の問題を解決するERC223とは?

以前、ERC20について紹介しましたが、最近そのERC20を拡張したERC223というものが出てきま …