ethOSの初期設定

マイニング

Sponsored Link


ethOSを手に入れる

上記サイトから購入します。
USB, SSD, ダウンロード版があります。

自分はSSD頼んだけどなかなかこないので16GBのUSB3.0を購入して掘る事にしました。

ethOSをUSBメモリにぶち込む

上記ショップでethOSを購入するといずれの媒体でもメールがきてethOSがダウンロードできるようになります。
自分はwindows10上でRefusというアプリを使ってUSBにダウンロード。
以下動画がわかりやすい。

[追記] MacでSSDにisoイメージを書き込む

SSDが到着してWindowsが入っていたSSDをMacでethOSのイメージに書き換えた時に参考にした以下ページ。

そのままいけます。

USBよりethOS起動して初期設定

色々はしょってるが、マザーボードにUSBをつけて起動します。
以下の記事がわかりやすいです。こちらの手順で必要な部分のみやります。

また、公式ページにも色々書いてあります

電源入れたら、F11連打してUSBを選択してethOSを起動する。
一発でGPU認識してくれました。

あとは、sshで自分はノートPCから作業しました。

$ ssh ethos@192.168.0.9
The authenticity of host '192.168.0.9 (192.168.0.9)' can't be established.
ECDSA key fingerprint is SHA256:dyUKIusP/4FwAFvYHuk7s4EkNXVJYk54/NUI2rpd4Ig.
Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? yes
Warning: Permanently added '192.168.0.9' (ECDSA) to the list of known hosts.
ethos@192.168.0.9's password:

初期ユーザーは root or ethos で、パスワードは live です。画面に表示されます。
すごい勢いよくファンが周りはじめるのでこれをなんとかせねば。

# passwd ethos
# sudo passwd root

パスワードは変更しておきます。

起動直後に下記コマンドを打ちましょう。
sudo ethos-update && sleep 5 && r

うまくいくと再起動します。再起動後、調子がおかしいときは更に下記コマンドを。
sudo ethos-update reupdate && sleep 5 && r

このあたりと

▼パスワードの変更
passwd ethos
sudo passwd root
※デフォルトパスワードはlive

▼sshでのルートログインの禁止
sudo vi /etc/ssh/sshd_config
PermitRootLogin yes→no
※この設定はethOSアップデート時に消えるので注意
ethOS1.2.5から消えなくなりました

▼そもそもルートログインの禁止
sudo usermod -L root
※これはアプデで消えないので安心

▼キーボードレイアウト変更
sudo vi /etc/default/keyboard
us→jp

▼リモートコンフィグ無効
echo -n “” > /home/ethos/remote.conf && echo “remote config turned off”
もしくはremote.confの中身を消せばOK

アップデート系もとりあえずしておきます。

sudo ethos-update
sudo update-miners

設定ファイル変更

ファンの設定

local.confで以下設定をしました。

maxgputemp 100
globalfan 80

どうも maxgputemp で指定した温度に近づくと、ファンが100%で動いてしまうためmaxgputempは100でファンを80%で回転してあります。

# show stats | egrep 'temp|fan'
cpu_temp:                                 27
temp:                                     43 47 42 49 39 43 43 46
fanrpm:                                   2274 1743 2272 1746 2275 2281 2277 2279
fanpercent:                               70 70 70 70 70 70 70 70

のようにコマンドうつと、ファンと温度がわかります。これで静かになりました。

パワーリミットの設定

bios name を指定してpwrコントロール

パワーリミットを設定するために、GPUの
show statsコマンドで確認可能。

# show stats
 :
models:                                   01 GP106 GeForce GTX 1060 6GB 86.06.45.40.07
                                          02 GP106 GeForce GTX 1060 6GB 86.06.45.40.07
                                          03 GP104 GeForce GTX 1070 86.04.50.00.51
                                          06 GP106 GeForce GTX 1060 6GB 86.06.45.40.07
                                          08 GP104 GeForce GTX 1070 86.04.50.00.51
                                          09 GP106 GeForce GTX 1060 6GB 86.06.45.40.07
                                          0a GP106 GeForce GTX 1060 6GB 86.06.45.40.07
                                          0b GP106 GeForce GTX 1060 6GB 86.06.45.40.07
  :

するとBIOS名がわかるのでこれを元に

# palit geforce gtx 1060 6gb Dual Fan
# 86.06.45.40.07
# [type] [bios name] [value]
# ——————————————————
pwr 86.06.45.40.07 80
# ——————————————————

のようにGPUごとにgwrの指定してみます。
80くらいにしておきました。これを設定しないとものすごく電力消費します。ハッシュレートは上がるんですが、、この辺りはバランスでしょうか。

ネットワークの変更

networkのファイルを開いて

$ sudo vi /etc/network/interfaces

値を変えて、再起動

#iface eth0 inet dhcp  ← これをかえる

iface eth0 inet static
address 192.168.0.151 # 任意の数字
netmask 255.255.255.0 # そのままでよいはず
gateway 192.168.0.1  # 最後の数字は1
dns-nameserver 192.168.0.1  # gatewayといっしょ

GPUのUUIDを調べる

# nvidia-xconfig -query-gpu-info
Number of GPUs: 13

GPU #0:
  Name      : GeForce GTX 1060 6GB
  UUID      : GPU-7acf45f0-58a4-037a-147e-aa24a741ec7d
  PCI BusID : PCI:1:0:0

  Number of Display Devices: 1

  Display Device 0 (TV-0):
      EDID Name             : Sony SDM-HS74P
      Minimum HorizSync     : 28.000 kHz
      Maximum HorizSync     : 65.000 kHz
      Minimum VertRefresh   : 57 Hz
      Maximum VertRefresh   : 63 Hz
      Maximum PixelClock    : 110.000 MHz
      Maximum Width         : 1280 pixels
      Maximum Height        : 1024 pixels
      Preferred Width       : 1280 pixels
      Preferred Height      : 1024 pixels
      Preferred VertRefresh : 60 Hz
      Physical Width        : 340 mm
      Physical Height       : 270 mm


GPU #1:
  Name      : GeForce GTX 1060 6GB
  UUID      : GPU-a5fc85bb-72d2-ac48-0fb5-ea41f68b08f0
  PCI BusID : PCI:2:0:0

  Number of Display Devices: 0


GPU #2:
  Name      : GeForce GTX 1060 6GB
  UUID      : GPU-851a0c3e-1772-93e3-911e-a429aa4d4504
  PCI BusID : PCI:3:0:0
   :
   :

まとめ

GTX 1060 dual palit * 6, GTX 1070 dual palit * 5, GTX 1070 jet streem palit * 2 の計13台でついに変態になりました!
マイニングは楽しい!ということでしょうか。

Sponsored Link

ビットコイン(Bitcoin)、イーサリアム(Ethereum)、リップル(Ripple)、ネム(NEM)などの仮想通貨を買うならZaifがおすすめです。

特に国内でETHを購入するなら、アルトコインでも板取引に対応しているZaif(ザイフ)が割安なのでよいですよ。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


仮想通貨全般
難易度調整(Difficulty Adjustment)アルゴリズムとは?

最近、Monaが攻撃を受けて被害がでた件ですが 上記、大石さんの記事を引用しますが 攻撃を容易にした …

ICO
ICO Platformはどんなものがあるか?

ICO Platform にどんなものがあるか調べてみました。 ここで取り上げているICO Plat …

Dapps
Web3.0 dApps なるサービスの概要をまとめました

1つ1つ投稿するのが面倒になったのでWeb3.0 dAppsの特徴を簡単に1つの記事にまとめました。 …