DEX(分散型取引所)とは?

Ethereum(イーサリアム)

ここでも記載がありますがBitcoinはそもそも中央集権型取引所で取り扱うように設計として作られていない事が記載されています。
Bitcoinはそもそも非中央集権になるように作られた背景がありますが、現状でいえば中央集権型取引所で多く取り扱われているのが現状かと思います。

そこで、DEX(分散型取引所)が今年ますます注目されていくと思います。

今回はDEX(分散型取引所)についてメモですが、記載しておきます。


の要約になります。

Sponsored Link


DEX(分散型取引所)とは?

  • オン・チェーン上での取引処理
  • ユーザーによる資産管理権の維持
  • 分散化されたオーダーブック(注文板)

DEX(分散型取引所)のメリット

  • トラストレスの実現(資産を第三者に預金せず、個人のウォレット間での直接的な取引する)
  • ダウンタイムが起こらない(各ノードに取引所の機能が分散されている)
  • 取引相手に必要最低限の個人情報のみ(ウォレットのアドレスなど)を開示するだけで取引を実行できる
  • 取引所のロジックはスマートコントラクトに全てのっているため透明性が高い
  • DEXは取扱銘柄が非常に多い(理由がいまいちまだよくわかっていない・・・)

DEX(分散型取引所)のデメリット

  • 流動性がまだまだ少ない
  • 低速度な取引処理(ブロックチェーンを介して取引を1回1回する場合。オフチェーンで取引するDEXもある)
  • 取引所(スマートコントラクト)にバグなどがあった場合、全ユーザーが資産を失う可能性がある
  • Fiat(法定通貨)との交換がない(ある意味メリット)

DEX(分散型取引所)の具体例

まとめ

Coincheckや、Zaifのような中央集権型取引所がいらない世の中になった方の方がよりお金の流れがクリアになるので管理者による不正が基本ないので、個人的には分散型取引所が実用レベルに今後なっていくと思われます。

といっても、中央集権型の取引所はシェアは少なくなるかもしれませんが、なくなることはFiat通貨の交換が必要になるためなくなりはしないでしょうねぇ。

Sponsored Link
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


仮想通貨全般
TendermintをDocker使って起動してみる

以前、勉強会に行ってきた際にTendermintの事を聞いて ブロックチェーンプロトコルが実装できる …

仮想通貨全般
Bitcoinのdifficultyを決めるnBitsを理解する

マイニングする際の理解を深めようと思い、マイニング難易度(difficulty)を決めるnBitsに …

仮想通貨全般
EOS Night Meetupにいってきた

今回は、以前からEOSに興味があったので EOS Night Meetupにいってきました。 暗号通 …