自分のオリジナル独自仮想通貨(独自トークン)を作ってみる

仮想通貨全般

仮想通貨を勉強していると、どうしても?自分の独自通貨を作ってみたくなります。
本日の記事では自分の独自仮想通貨作ってみようと思います!

Sponsored Link


手順

1. スマホ(iOS, Android)で「indie square」アプリをダウンロード

2. bitcoin を購入などして用意
3. XCPという仮想通貨を購入
4. bitcoinとXCPを「indie square」の財布に送金
5. 新しいトークン(独自通貨)を発行する
6. 独自通貨を配って満足する

1. スマホ(iOS, Android)で「indie square」をダウンロード

以下ページを参考にスマホに「indie square」をダウンロードします
あとで使うのでIndieSquareの入金用アドレスを確認しておきます

2. bitcoin を購入などして用意

自分はcoincheckを利用してbitcoinを購入しました。以下ページが参考になります。

3. XCPという仮想通貨を購入

zaifというサイトでXCPを購入します。
今回はbitcoinでXCPを購入するのでzaifに送金しておきます。

3.1 zaifのアドレス確認

「取引」-「入出金」タブを押します
「BTC入金」タブを押して、自分のアドレスを確認します

3.2 coincheckからbitcoinをzaifへ送金

送金方法は以下ページを参照

3.3 BTCでXCPを購入してみます

zaifページで下画面のように タブで「トークン」-「XCP/BTC」を選択します。
売買注文で買ってもよい1XCPの値段を入れて(以下画面では今zaifで注文が入っている一番高い買い値と同じ値段を入れてます)買いたい量に1を入れて「買い注文」ボタンを押します。
売値が上記で入れた値段までさがってくれば、めでたく1XCPが購入できます。
すぐ購入したい場合は、買い値を上記画面の場合だと0.0038と入れて買い注文を出せばすぐ購入できるはずです。売り注文の一番下限が0.0038のためです。

4. bitcoinとXCPを「indie square」の財布に送金

4.1 「Inside Square」のアドレスを確認

「Inside Square」のアドレスはアプリの下メニューの受け取り押せばでてきます

4.2 Inside SquareへXCPを送金

Inside Squareに送金するために右上の取引タブを押して、入出金タブを押します
以下のように「日本円入出金」のリストボックスを選択して「Counterpartyトークン入出金」を選択します。
以下画面のように「Counterpartyトークン出金」を選択し出金トークン選択で「XCP」を選択しておきます。出金先アドレスに「Inside Square」のアドレスを入れ、XCP出金金額は1を指定して「私はロボットではありません」にチェックを入れ出金ボタンを押すと出金できます。

4.3 Inside Squareへbitcoinを送金

3.2 を見てみて 送金してみてください。無事送金されると以下のようにBTCとXCPがWalletに入っていることが確認できます。

5. 新しいトークン(独自通貨)を発行する

メニュー左上の「トークン新規発行」を押すと以下の画面が表示されるので、table_・・・のリンクを押します

作ることになるトークン名を入れます。

小数点の単位まで計算するのか、整数のみとするの選択します。自分は小数点の方を選択

発行する量を設定します。自分は90,000通貨発行したのですが1週間くらいかかりました(汗。試すだけであれば1,000とかでも良いのかもしれません。

以下画面をはさんで・・・

最後の確認POPUPで「はい」を押すと

無事完了です!

1週間近くかかりましたが自分の仮想通貨を作ることができました!

勢いで作ってしまったので、今度は使い道について考えて実際に運用してみようと思います。

Sponsored Link
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


仮想通貨全般
ZCash、Ethereumでも使われているゼロ知識証明とは?

最近話題沸騰の「ゼロ知識証明」、またの名を「Zk-Snark」を簡単にですが調べてみました。 参考ペ …

Dapps
Plasma Porker をとりあえず動かす

最近、Plasma界隈で賑わしている Plasma Prime。 Plasma Prime desi …

EOS
EOSを学べるサイト 〜 Elemental Battles

最近何かと注目を浴び始めているEOS。 イオス(EOS)最初のステーブルコインCarbonUSDが誕 …