P2SH Manager Tool でスクリプトの実行を試してみるために bitcoinのtestnetでwalletを作る

技術メモ

P2SH Manager Tool というP2SHを確認できるサイトがあるが、ここでスクリプトの実行を試してみるために
https://bip32jp.github.io/english/createp2sh.html

ちなみにP2SHの説明は
P2SHを使いこなす
とか参照。

まずはbitcoinのtestnetのwalletを作成する。

ビットコインのテストネット(Testnet)を利用する
PycoinでBitcoin Testnetに接続
のあたりの記事を参考にした。

testnet用のaddress作成。
pycoin の ku コマンドを使う。使い方はこの辺りを。

root@aec3300e3bff:~# ku -nXTN create

input                        : create
network                      : Bitcoin testnet3
netcode                      : XTN
 :
 :
 :
Bitcoin address              : n4jaMEomxxTBLjbNthEfWtQsjjZeUC6gTq
Bitcoin address uncompressed : n39vF76Uuf6qXVJ2zt6een4aQj7ytGg1mj
Bitcoin segwit address       : QWzLxHMLpGCdfp757h7EgLvAtjP6dgyKpnfn

testnetでアドレスが作成できたか確認。以下testnetのアドレス情報を調べれるサイトで confirmed と出てたのでできたようだ。

https://test-insight.bitpay.com/address/n4jaMEomxxTBLjbNthEfWtQsjjZeUC6gTq

じゃぁ、このaddressにコインを送ってみる。

http://tpfaucet.appspot.com/

のページでコインを送ろうとおもったら

We are sorry, but an error has occurred.

API error 5 (urlfetch: DEADLINE_EXCEEDED)

と出てコイン送信できず、、、
ググっていると以下サイトがでてきたのでこちらでコイン送信してみると

https://testnet.manu.backend.hamburg/faucet

お、うまくいったかな。
test-insight.bitpay.com で確認してみると・・・

まだ承認中なのかな。unconfirmedになっている。
時間が経てば承認されるのだろうか?少し時間をおいてまたアクセスして確認してみることにする。

Sponsored Link

ビットコイン(Bitcoin)、イーサリアム(Ethereum)、リップル(Ripple)、ネム(NEM)などの仮想通貨を買うならZaifがおすすめです。

特に国内でETHを購入するなら、アルトコインでも板取引に対応しているZaif(ザイフ)が割安なのでよいですよ。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Dapps
ERC721のサンプルコード上を使ってデータを譲渡してみる

前回の記事からの続きです。 テストまで前回通したので、いよいよ送金をやってみます。 Sponsore …

Ethereum(イーサリアム)
ERC721のサンプルコードを動かしてみる

以前ERC721を紹介しましたが今回はその際に紹介したサンプルコードを動かしてみようと思います。 S …

Bitcoin(ビットコイン)
Bitcoinをカスタマイズする際にエラーで落ちて出力されたCoreファイルをトレースする

bitcoinの開発を行なっているとどうしてもセグメンテーションエラーなどでプログラムがとまってCo …