自分のCoreにあるアドレスで「Blockchain Daigakko」を署名してその結果(アドレスも含めて)を求める

技術メモ

bitcoinの財布をまずつくっておく

https://blockchain.info/ja/wallet/

で作れる。

矢印のボタンを押すと、受信用のアドレスがクリップボードにコピーできるので

signmessage

という秘密鍵のアドレスでメッセージを署名できるRPCコマンドがあったので、こちらに
先ほど取得したアドレスと、メッセージ(Blockchain Daigakko)を入れてみると、、、

と、”Private key not available” というエラーが。。。

秘密鍵使えない??

昔 coincheck でアドレスつくったのでそれをためしてみると、、、

“Error: Please enter the wallet passphrase with walletpassphrase first.”

がでてしまう、、、

いろいろ悩んだあげく、自分でbitcoinサーバー以前立ち上げていたのでそこでコマンドで出すことにした。

bitcoind を起動しておき以下コマンドを発行

# bitcoin-cli -testnet getnewaddress
mvqWh3ryefVbZYhmbcT83UXAYzaVM7EaNc

そのあとに signmessage で

# bitcoin-cli -testnet signmessage mvqWh3ryefVbZYhmbcT83UXAYzaVM7EaNc "Blockchain Daigakko"
HziZk4VWyv1wOUqr1/3jSN1zmsK7Jc4pRTATYRFK+E4jCfIGBusE8s7S0xrrpm4fHv1leKa+N4Jz3QEJzGFCwq4=

となった。
これでよいのかどうか、、、確証がもてず、とりあえず提出する。

Sponsored Link
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


仮想通貨全般
TendermintをDocker使って起動してみる

以前、勉強会に行ってきた際にTendermintの事を聞いて ブロックチェーンプロトコルが実装できる …

仮想通貨全般
Bitcoinのdifficultyを決めるnBitsを理解する

マイニングする際の理解を深めようと思い、マイニング難易度(difficulty)を決めるnBitsに …

仮想通貨全般
EOS Night Meetupにいってきた

今回は、以前からEOSに興味があったので EOS Night Meetupにいってきました。 暗号通 …