Coreのウォレットにあるbitcoinを手動で取引作成して、署名して、配信したい場合に使用するRPCコールを順番に述べよ

技術メモ

今日も課題をこなしていく。
それにしても、コマンドをずーっと説明されても眠くなるだけなのでワークショップ形式だったりの方が覚えやすいんだけどな、、、

以下の手順をRPCコマンドで見ていく

1. 取引作成
2. 署名
3. 配信

特定のアドレスからビットコインを送る方法
のページの以下部分。これが答えだと思われる。

createrawtransaction コマンドを使って、使いたいoutputを指定したトランザクションの準備をする
signrawtransaction コマンドを使って、インポートしたプライベートキーを使って、トランザクションにサインする
sendrawtransaction コマンドを使って、ネットワークに送信

今日は時間ないので、またコマンドは後々試す。

Sponsored Link

ビットコイン(Bitcoin)、イーサリアム(Ethereum)、リップル(Ripple)、ネム(NEM)などの仮想通貨を買うならZaifがおすすめです。

特に国内でETHを購入するなら、アルトコインでも板取引に対応しているZaif(ザイフ)が割安なのでよいですよ。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Ethereum(イーサリアム)
Error: The contract code couldn’t be stored, please check your gas amount.

ALISのICOソースのzeppelinバージョンを1.2から1.8にあげようとしたときにはまったエ …

Dapps
日本の都道府県を所有できるDApps & ERC721 のサンプルを公開してみました

最近、Ethereum上でカードなどを所有できるdAppsが流行っているので、試しに日本の都道府県を …

Ethereum(イーサリアム)
TX doesn’t have the correct nonce – Metamask

EthereumのdAppsを作ろうとしていてはまったのでメモ。 Metamaskを使用して支払いを …