Coreのウォレットにあるbitcoinを手動で取引作成して、署名して、配信したい場合に使用するRPCコールを順番に述べよ

技術メモ

今日も課題をこなしていく。
それにしても、コマンドをずーっと説明されても眠くなるだけなのでワークショップ形式だったりの方が覚えやすいんだけどな、、、

以下の手順をRPCコマンドで見ていく

1. 取引作成
2. 署名
3. 配信

特定のアドレスからビットコインを送る方法
のページの以下部分。これが答えだと思われる。

createrawtransaction コマンドを使って、使いたいoutputを指定したトランザクションの準備をする
signrawtransaction コマンドを使って、インポートしたプライベートキーを使って、トランザクションにサインする
sendrawtransaction コマンドを使って、ネットワークに送信

今日は時間ないので、またコマンドは後々試す。

Sponsored Link
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


仮想通貨全般
TendermintをDocker使って起動してみる

以前、勉強会に行ってきた際にTendermintの事を聞いて ブロックチェーンプロトコルが実装できる …

仮想通貨全般
Bitcoinのdifficultyを決めるnBitsを理解する

マイニングする際の理解を深めようと思い、マイニング難易度(difficulty)を決めるnBitsに …

仮想通貨全般
EOS Night Meetupにいってきた

今回は、以前からEOSに興味があったので EOS Night Meetupにいってきました。 暗号通 …