bitcoinのtestnet と regtest の違いについて

技術メモ

復習の意味も込めて testnetモード と regtestモードの違いを今一度確認する。

https://bitcoin.org/en/developer-examples#testing-applications
のあたりを参考に。

mainnet

bitcoinが運用されているメインのネットワーク(ブロックチェーン)が存在する環境。

testnetモード

testnetは bitcoin の本番のネットワークではなくテストネットワークにつながる。
ネットワークが違うだけで環境は同じなことが特徴

regtestモード

一方、regtestは独自のネットワーク(用は独自のブロックチェーン)を作ることができる。
簡単に採掘できるコマンドなどもある。
また、独自チェーンであるため自動テストでも使える

testnetモードとregtestモードの違い

一番大きいのは新しくブロックチェーンが作れるかどうか。
新しくブロックチェーンを作れるとさまざななことを気軽に試せる。

Sponsored Link

ビットコイン(Bitcoin)、イーサリアム(Ethereum)、リップル(Ripple)、ネム(NEM)などの仮想通貨を買うならZaifがおすすめです。

特に国内でETHを購入するなら、アルトコインでも板取引に対応しているZaif(ザイフ)が割安なのでよいですよ。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Dapps
ERC721のサンプルコード上を使ってデータを譲渡してみる

前回の記事からの続きです。 テストまで前回通したので、いよいよ送金をやってみます。 Sponsore …

Ethereum(イーサリアム)
ERC721のサンプルコードを動かしてみる

以前ERC721を紹介しましたが今回はその際に紹介したサンプルコードを動かしてみようと思います。 S …

Bitcoin(ビットコイン)
Bitcoinをカスタマイズする際にエラーで落ちて出力されたCoreファイルをトレースする

bitcoinの開発を行なっているとどうしてもセグメンテーションエラーなどでプログラムがとまってCo …