bitcoin P2P通信する際の同期するまでのやりとり

技術メモ

今週の講義でbitcoinのP2Pについて授業があり、その課題。

bitcoin P2P通信する際の同期するまでのやりとりを説明せよ

ということで考えてみる。


https://www.bitcoinbook.info/translations/ja/book.pdf

こちらの149ページ

peer同士がやりとりする場合はまずはじめにversionメッセージのやりとりを行う。

上記の図がそのままなのだが、今回出された課題の回答書式だと以下のようになりそうだ。

S:version,R:verack,R:version,S:verack

とりあえず、1つ目終了。

[追記]

S:version, R:verack, R:version, S:verack,
{S:getblocks, R:inv, S:getdata, R:block}

だそうで、間違ってました、、、

Sponsored Link
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


仮想通貨全般
TendermintをDocker使って起動してみる

以前、勉強会に行ってきた際にTendermintの事を聞いて ブロックチェーンプロトコルが実装できる …

仮想通貨全般
Bitcoinのdifficultyを決めるnBitsを理解する

マイニングする際の理解を深めようと思い、マイニング難易度(difficulty)を決めるnBitsに …

仮想通貨全般
EOS Night Meetupにいってきた

今回は、以前からEOSに興味があったので EOS Night Meetupにいってきました。 暗号通 …