BIP39のフレーズからシードを作成しBIP44 のアドレスを作成する

技術メモ

フレーズ作成は前回紹介した Mnemonic Code Converter を使う。

サイトを使ってアドレス作成

6ワードにしてフレーズ作成。

pelican kit scene trophy patch garment

シードは以下。

f92dd269486f84213eda7ab7bbe9c7561f4b16915742d34a8913e3c9790df6c1bba8f8aa266dc8b83b77f2e4d96c9a79f0b251d1a5695d037b81cfd3dae80f2a

BIP44の m/44’/0’/0’/0/0 アドレスは以下。

1JgNjtTTTcjgL3xo7ypbUij7ojRYEcWPrV

このサイトでアドレスまで出してくれる。
しかし、よく内容が理解できていない・・・

サイトの実装を追って理解を深める

実装 -> https://github.com/trezor/python-mnemonic

Mastering Bitcoinを読む Chapter4 Mnemonic Code
このページも参考にする。

次回がんばる。

Sponsored Link
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


仮想通貨全般
Dharma code schoolを試してみる

前回の記事からの続きで以下を試してみました。 チュートリアルでは簡単なローンのスマートコントラクトを …

Dapps
Plasma Porker をとりあえず動かす

最近、Plasma界隈で賑わしている Plasma Prime。 Plasma Prime desi …

仮想通貨全般
TendermintをDocker使って起動してみる

以前、勉強会に行ってきた際にTendermintの事を聞いて ブロックチェーンプロトコルが実装できる …