bcwallet.rb でブロックを読み込んだタイミングで保存してみる

技術メモ

前回からの続きで、いよいよ読み込んだブロックをファイルに保存してみる。

以下 dispatch_merkleblock を見てみると、@requested_data よりも @received_data が増えたタイミングなどで新しくコマンドなげるようなので

  def dispatch_merkleblock(message)
@received_data += 1

@blockchain.blocks[message[:hash]] = message

# Described in Blockchain#is_young_block.
# It supposes that blocks are sent in its height order. Don't try this in production code.
unless @blockchain.is_young_block(message[:hash])
@last_hash = { timestamp: message[:timestamp], hash: message[:hash] }
end

@requested_data

Sponsored Link

ビットコイン(Bitcoin)、イーサリアム(Ethereum)、リップル(Ripple)、ネム(NEM)などの仮想通貨を買うならコインチェックがおすすめです。

※アプリは指値売買ができず手数料が高いので、アプリをダウンロードするのではなくメール&パスワード登録へ!まずは5万円ほど入金して仮想通貨とブロックチェーンの世界を楽しんでください!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


miningpoolhub
miningpoolhubのAPIを使って自動スイッチングを試してみる in ethOS

* アイキャッチの男性は、Flicker上のライセンスフリーの画像ひっぱってきているだけで、本文とま …

NEM
[memo] NEMを送金しようとするとFAILURE_TIMESTAMP_TOO_FAR_IN_FUTUREが出る

Docker上のコンテナで、NEM-libraryを使ってmosaicの送金を試していたところ FA …

NEM
NEMのテストネットワークで独自通貨を試す

NEMアプリケーションを作る際にテストネットワークでのテスト非常に重要になってきます。 このため今回 …