bcwallet.rb で見ていくbitcoinのhandshake filterloadから

技術メモ

前回は version 〜 pong までの handshakeの流れを簡単に見ていったので続き。

以下ログの filterload から。

# ruby bcwallet.rb balance
"write = version"
"read = version"
"write = verack"
"read = verack"
"read = alert"
"read = ping"
"write = pong"
"write = filterload"

Sponsored Link

ビットコイン(Bitcoin)、イーサリアム(Ethereum)、リップル(Ripple)、ネム(NEM)などの仮想通貨を買うならコインチェックがおすすめです。

※アプリは指値売買ができず手数料が高いので、アプリをダウンロードするのではなくメール&パスワード登録へ!まずは5万円ほど入金して仮想通貨とブロックチェーンの世界を楽しんでください!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


miningpoolhub
miningpoolhubのAPIを使って自動スイッチングを試してみる in ethOS

* アイキャッチの男性は、Flicker上のライセンスフリーの画像ひっぱってきているだけで、本文とま …

NEM
[memo] NEMを送金しようとするとFAILURE_TIMESTAMP_TOO_FAR_IN_FUTUREが出る

Docker上のコンテナで、NEM-libraryを使ってmosaicの送金を試していたところ FA …

NEM
NEMのテストネットワークで独自通貨を試す

NEMアプリケーションを作る際にテストネットワークでのテスト非常に重要になってきます。 このため今回 …