bcwallet.rb で見ていくbitcoinのhandshake filterloadから

技術メモ

前回は version 〜 pong までの handshakeの流れを簡単に見ていったので続き。

以下ログの filterload から。

# ruby bcwallet.rb balance
"write = version"
"read = version"
"write = verack"
"read = verack"
"read = alert"
"read = ping"
"write = pong"
"write = filterload"

Sponsored Link
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Dapps
Plasma Porker をとりあえず動かす

最近、Plasma界隈で賑わしている Plasma Prime。 Plasma Prime desi …

仮想通貨全般
TendermintをDocker使って起動してみる

以前、勉強会に行ってきた際にTendermintの事を聞いて ブロックチェーンプロトコルが実装できる …

仮想通貨全般
Bitcoinのdifficultyを決めるnBitsを理解する

マイニングする際の理解を深めようと思い、マイニング難易度(difficulty)を決めるnBitsに …