Alt Coin(代替コイン) 、 Alt Chain(代替チェーン) とは

技術メモ

仮想通貨を調べているとAlt CoinとAlt Chainという言葉が頻繁にでてくる。
そこで自分の頭を整理するためにAlt CoinとAlt Chainの概要と違いについて記載する。

ここでは「Mastering Bitcoin」の日本語訳文書を主に参照している

Alt Coin(代替コイン)とは?

一般的にはBitcoin以外の仮想通貨をAlt Coinと読ばれる。
それぞれの仮想通貨ごとに異なるネットワークとブロックチェーンで運用されている。

Litecoin
Counterparty
Dogecoin
Freicoin

またコインを価値の交換以外に使われる用途を持ったコインは機能性コインとも呼ばれ、Ether、Augur、Nameコインなどがある。

ビットコインの設計図であるソースコードは作者によりインターネット上で公開されているため、プログラミングなどの知識があれば同様の仕組みの仮想通貨を制作、公開することも可能である。

Alt Chain(代替チェーン)とは?

ブロックチェーンを別の設計思想で実装したものであり、それは主に通貨としては使われていないもの。
多くは通貨を含むが、その通貨は他の何かを導入するためのトークンとして使われる。例えば、リソースや契約としてである。
言い換えれば、Alt chainにおける通貨は、プラットフォームの主要な点ではなく、2番目の機能なのである。
例えば、Namecoinはブロックチェーンを使った 分散型のキーバリューの登録・移管プラットフォームで、BitcoinにDNS機能を付加したコイン。Namecoin自体がDNS機能を持っている。
Ethereum(エセリュウム)はブロックチェーンの台帳上において、チューリング完全な契約処理と、それを実行するプラットフォーム。Bitcoinの複製ではなく、完全に独立した仕様と実装を持っている。Ethereumは、組み込みの通貨を持っており、それは ether(イーサ) と呼ばれている。

結局Alt CoinとAlt Chainの違いは?

Alt coinが通貨として主に使われている一方で、Alt chainは通貨を主目的としない他の目的のために使われていることにある。
ちなみにBitcoinのソースコードの一番最初のメジャーな”代替”フォークはAlt coinではなくAlt chainである Namecoin。

Sponsored Link
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


仮想通貨全般
TendermintをDocker使って起動してみる

以前、勉強会に行ってきた際にTendermintの事を聞いて ブロックチェーンプロトコルが実装できる …

仮想通貨全般
Bitcoinのdifficultyを決めるnBitsを理解する

マイニングする際の理解を深めようと思い、マイニング難易度(difficulty)を決めるnBitsに …

仮想通貨全般
EOS Night Meetupにいってきた

今回は、以前からEOSに興味があったので EOS Night Meetupにいってきました。 暗号通 …