感動を可視化するOKWaveのWowoo!

ICO

最近よく思うことがあって、些細な感謝をお金に還元できたらなぁと思うことがあるんです。
感謝すればお金をその人に寄付できる、そんな世の中になったらなと。

そんな世の中を実現するICOプラットフォームを見つけたのでご紹介します。

OKWaveのWowooです。

Sponsored Link


概要

ICOソリューション「Wowoo」はmQ&Aサイト「OKWAVE」を運営する株式会社オウケイウェイヴが、当社海外子会社OKfinc LTD.を通じて出資しているWowoo Pte.(本社:シンガポール)が開発・提供する予定です。

ICOソリューション「Wowoo」は「感動の可視化」を特徴としており、トークン発行側ユーザーは投票権のついたトークンを発行できます。トークンを所有する参加者は「Wowoo」を通じて感動的な成果物を提供した提供者に投票権の行使などを通じて感謝の気持ちを表明することができます。
仮想通貨はわずかなコストで少額の投げ銭を支払うことを可能にします。経済的価値を表現するのに適しており、人々による偉大な業績や感動的な芸術にも感謝の言葉の代わりに伝えることができます。これは寄付行為や類似した経済的報酬に依存せずに提供されるサービスに対しても理想的なモデルケースと言えます。

ビットコイン投資家であるロジャー・バー氏がいることでも話題になりました。

特徴

感謝をトークンで他のユーザーに渡せるのは好きだなぁと。
ロジャー・バー氏参画が大きいです。
あとは、OKWaveのユーザーを投入できるのは良いですよね。使うユーザーが確保できる。

またこちらのWowooプラットフォーム上でトークン発行できる。ただし、Wowoo Council (“Counsil”) の審査と認承必要だそうです。
換算レート”CR”を導入するそうで、Ethereumの価値の20%は準備金として保持しておく。WooBitのボリューム がEthererumの価値の20%になるように調整するようです。
2トークンシステムですかね。たぶん。
Wooトークンの発行上限や、準備率などはトークン保持者の2/3の投票を持って改変できるそうで。

トークンセール

プリセールトークン

2017年1月17日スタートで、ホワイトリスト登録が必要です。
中華人民共和国、日本、米国の居住者は、トークンセールを通じてWWBを購入することはできないようで、、、買えない。。。
噂だとコネつてで買えるような話も聞きました。

スケジュール

2018年3Qに、全てのサービスをリリースするようです。
いけるかなぁ、いけたらすごいなぁ。

すでに実装済みの製品はあるか?

まだ、ないようでこれから作られるようです。
ERC20に準拠したEthererum上で作られるようですが、どうも中国版Ethereumと言われるNEO上での開発も行われているようです。
いずれにしろ、もう少し開発製品の情報がほしいですね。

その他

ホワイトペーパー : http://wowoonet.com/pdf/wp_wwb_e_v125.pdf
Telegram : https://t.me/wowooofficial

Sponsored Link

ビットコイン(Bitcoin)、イーサリアム(Ethereum)、リップル(Ripple)、ネム(NEM)などの仮想通貨を買うならコインチェックがおすすめです。

※アプリは指値売買ができず手数料が高いので、アプリをダウンロードするのではなくメール&パスワード登録へ!まずは5万円ほど入金して仮想通貨とブロックチェーンの世界を楽しんでください!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


マイニング
ethOSの初期設定

Sponsored Link Contents1 ethOSを手に入れる2 ethOSをUSBメモリ …

NEM
NEMのテストネットワークで独自通貨を試す

NEMアプリケーションを作る際にテストネットワークでのテスト非常に重要になってきます。 このため今回 …

NiceHash
NiceHashの支払い手数料とスケジュール

NiceHashでマイニングをしていますが、支払いスケジュールと手数料がよくわからなかったので自分な …