ICO Platformはどんなものがあるか?

ICO

ICO Platform にどんなものがあるか調べてみました。
ここで取り上げているICO Platformは以下youtubeに基づいてpickupしています。

ちなみに Ethereum, NEM も上記に含まれているのですが今まで散々調べてきたのでここでは取り上げていません。

Sponsored Link


Waves

– 個人で独自のトークンを発行できる
– Waves上のDEX(分散型取引所)ではマルチゲートウェイによってビットコイン、イーサリアムなどの他の仮想通貨やドル、ユーロなどの法定通貨も取り扱う事ができる
– 独自のトークンをポイントカードの代わりに使う試みが。バーガーキングでポイントとして使われた。
– 承認システムにはLPoS方式(Leased Proof of Stake)
 各ユーザーが信頼できるフルノードに自分の持っているWavesを貸し出すことのできるPoS方式
– 簡単に独自のトークンを発行できる
– Waves Platformを利用したICOの例 -> Mobile Go、ZrCoin、Incentなどが有名
– ゲートウェイによる法定通貨も使える
– 貸し出しているだけでエアドロップによって勝手にWavesが増えていく

githubはこちら

以下の記事がわかりやすいです。

Stratis

– Dragonchainとよく似ている
– ブロックチェーンを活用したい法人向けのプラットフォーム
– 有名企業と提携している
– TumbleBitによりビットコインに匿名性を持たせる
– .NET Framework(アプリ開発環境)のC#(プログラミング言語)を使った使いやすい&手頃な価格でのビジネスソリューションを提供する事がコンセプト
– Microsoft Azureと協業
– Cloud Stratisという仕組みを使用してビットコイン・イーサリアム・ビットシェアのブロックチェーンを取り込める
– TumbleBitという仕組みを使用してビットコインのまま匿名で送金できる

Dragonchain

– ディズニーのチームが作ったプロジェクト
– Ethereum上で動いておりOmise-GoMonacoと似ている
– Dragonchain slumber scoreなるものがある
 コイン保有量とコイン購入してからの保有期間が関係してscoreが決まる
– スマートコントラクトの限定公開できる
– スマートコントラクトを複数の言語で開発できる

PlatformのDemo映像。トークン作るまで。

githubはこちら


以下記事がわかりやすかったです。ただし英語

Komodo

– KomodoのプラットフォームでICOができます
– KomodoのトークンのKMDと交換可能な法定通貨のペッグ通貨を発行出来ます
– マイニングシステム:Delayed Proof of Work
– アトミックスワップの技術によって投資家と起業家の両方とも分散型取引できます
– dPoW技術は安全性において重要で、二重支払のリスクを回避することができます
– Zcashからフォークされたコインで匿名性が高く、世界で初めてアトミックスワップの実装に取り組んだ仮想通貨です
– ビットコインのブロックチェーンを使ってKomodoのブロックチェーンの認証が行えます
Monaizaというプロジェクトが既にICOを行いました。

以下のページが非常にわかりやすかったです。

Wings

Wingsプロジェクトの目的は、新しいDAOプロジェクトの提案を簡単に作成し、プロジェクトを成功させる可能性のあるものを予測しその後バッキングキャンペーンというICOを行い効率的な資金回収と迅速な意思決定を可能にすることです。

大まかにいうと以下順序に従って

1. DAOの提案
 DAOクリエーター(プロジェクト提案者)はプラットフォーム上にwingsトークンを支払いテキストやメディアをアップしガバナンス(要はプロジェクト)を載せます
2. 予測市場
 wingsトークン所有者は資金調達に成功する(プロジェクトの優劣)かどうかを予測し賭ける
3. バッキングキャンペーン(ICO)
 ICOを行います 
4. 提案されたガバナンス(プロジェクトの)ルールに従って開発開始
 1の提案のルールにしたがって開発をしていきます
5. DAOの実行
 開発されたDAOを実行します。

ICOプロジェクトの提案を作成できるのですがクラウドファンディングのプロジェクト作成のUIでした。

こちらがgithub。

上記記事が詳しく書かれています。

まとめ

個人的にはWingsやWavesあたりがエンタープライズの匂いがあまりしないので好きですかねぇ。
だいたい大手企業が入ってくるやつうまく行かないか、面白くないんだよな。

Sponsored Link

ビットコイン(Bitcoin)、イーサリアム(Ethereum)、リップル(Ripple)、ネム(NEM)などの仮想通貨を買うならZaifがおすすめです。

特に国内でETHを購入するなら、アルトコインでも板取引に対応しているZaif(ザイフ)が割安なのでよいですよ。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Stablecoin
Stablecoinの 無担保型通貨 は実現するには?

以前の記事でStablecoinを扱いましたが、今回その中でも「無担保型」についてもう少し掘り下げよ …

仮想通貨全般
Stablecoin(ステーブルコイン)とは?

最近Stablecoinのツイートをよく見ており、次の仮想通貨の本命などと言われています。 ステーブ …

仮想通貨全般
難易度調整(Difficulty Adjustment)アルゴリズムとは?

最近、Monaが攻撃を受けて被害がでた件ですが 上記、大石さんの記事を引用しますが 攻撃を容易にした …