ICOキャンペーンのBounty Programを行う方法

Bitcoin(ビットコイン)

最近、周りでICOをやるかもしれないと話しを聞いて、脆弱性チェックを調べていたところ前回調べたBounty Programを見つけました。

ただ、こちらはEthereum本体の脆弱性をチェックするBounty Programであったため、実施するICOへのBounty Programではなかったため、ICOで行うBounty Programがどのようなものがあるか調べてみたところ、プロモーションなど宣伝した場合やデザインを考えた場合にBounty(報奨金)を渡したりします。

Sponsored Link


ICOでBounty Programを行うタイミング

大きく分けて2つのタイミングがあり、ICO前に行う場合、ICOを実施して資金調達後の2つのタイミングがあります。
ICO期間中はBounty Programは当たり前ですが開催されません。ICO期間中にもし脆弱性見つかって犯罪に利用されては元も子もないためです。

以下ではそれぞれのタイミングに分けて説明します

ICO前のBounty Program

ICO前にBounty Programを実施することで、ICOの詳細を理解してもらうことも可能です。
以下に一般的なBounty戦略を記載します。

socialメディアでの拡散

Facebook, Twitter, Youtubeで行われることが多いです。
これらでICOを記事にしてもらい、share, like, retweet, ページビューなどに応じて報酬を支払います。

ブログなどの記事

こちらはブログ記事などウェブページの内容によってICOを宣伝することによってBountyが支払われます。

Bitcointalk Signature

こちらがもっともポピュラーなBounty方法です。
BitcointalkのForumを作成して、宣伝してもらったりします。

例えば、comsa の bitcointalkのBountyは以下ページで確認できます。

以下上記ページの引用です

Japanese:

COMSAのBitcoin Talk(BTT)の懸賞プログラムを開催します。

■参加条件:
Bitcointalkのアカウントで使用できるシグネチャ(プロフィールの自由記述欄)として、COMSAシグネチャのデザインをしてください。
Bicointalkのアカウントは junior, member, full member, senior member, hero/legendaryの5段階あるため、5種類の異なったデザインが必要になります。
Bitcointalkのシグネチャデザインの例は、以下のBitcointalkのページで参照できます。(別プロジェクトです。)
シグネチャ例:https://bitcointalk.org/index.php?topic=1501228.0

■締切:
2017年8月18日 (金)

■賞金:
デザインが選ばれた人に対して 0.15 btc 

■デザイン条件:
1. タイトル「 COMSA」に以下のリンクを参照し、デザインに含めてください:https://comsa.io/
2. サブタイトル「the ICO solution for centralized businesses to adopt blockchain technologies」に以下のリンク( https://comsa.io/)を参照し、デザインに含めてください
3. 各ラベルを使って以下のリンクをすべて、デザインに含めてください。

Website: https://comsa.io/
Whitepaper: https://comsa.io/en/download/52847/
Bitcointalk: https://bitcointalk.org/index.php?topic=2088175
Reddit: https://www.reddit.com/r/COMSA/
Slack: http://comsa.herokuapp.com/
Telegram: https://t.me/comsaio
Twitter: https://twitter.com/comsaglobal
Facebook: https://www.facebook.com/comsaio/
Blogs: https://comsa.io/en/category/news

4. ICOの日程「ICO: Oct 2nd until Nov 6th」に以下のリンク( https://comsa.io/)を参照し、デザインに含めてください

5. テキストアートにCOMSAのロゴを含めてください。
ロゴ:https://comsa.io/wp-content/uploads/2017/08/comsa-symbol-256.png

あなたのいいアイデアや提案と一緒に、BTCのアドレスを一緒に投稿して下さい。
ご応募お待ちしております!

バグレポートキャンペーン

前回の記事のように、脆弱性をICOするスマートコントラクトなどに見つけたらBountyを渡します。
ICOするコインで賞金が支払われたりします。

ICOを実施して資金調達後

コミュニティなどからフィードバックをもらうために実施します。

翻訳キャンペーン

サイトや、ホワイトペーパー、Bitcointalk ANN などが対象にBountyが配られます

バグレポートキャンペーン

ICO前のBounty Programと同様です。

まとめ

こうしてみると、ICO時に使われる様々なBounty Programがあることがわかりました。
Bitcointalkのサイトで Bounty で検索して面白そうなものに参加してみるのも良いかもしれません。

参考

Sponsored Link
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


仮想通貨全般
ZCash、Ethereumでも使われているゼロ知識証明とは?

最近話題沸騰の「ゼロ知識証明」、またの名を「Zk-Snark」を簡単にですが調べてみました。 参考ペ …

Dapps
Plasma Porker をとりあえず動かす

最近、Plasma界隈で賑わしている Plasma Prime。 Plasma Prime desi …

EOS
EOSを学べるサイト 〜 Elemental Battles

最近何かと注目を浴び始めているEOS。 イオス(EOS)最初のステーブルコインCarbonUSDが誕 …