金本位体制が戦争に結びつくわけ

投資

前回の記事で上記本の「金本位体制が戦争に結びつくわけ」が印象深い旨を書いたが考えをまとめるためにも少し深ぼっていく。

そもそも金本位体制とは?

一国の貨幣価値(交換価値)を金に裏付けられた形で金額を表すものであり、商品の価格も金の価値を標準として表示される。この場合、その国の通貨は一定量の金の重さで表すことができ、これを法定金平価という (wikipediaより)
昔は今のように信用創造でお金ができるのではなくて、必ずお金が増えたらそれに裏付けられた金があった。
この信用創造が曲者で、無からお金を生み出せるので使い方によってはすぐインフレを起こす。ただ、金本位体制では金がなければできないので信用創造はできないが今の世の中は信用創造で回ってる。自分もお世話になってるのでなんともいえない気分だ。

交換手段としての金

はじめは交換手段として金が使われていて、経済が発展していくにつれてその活動を多く仲介するための金がますます必要になってくると。
経済の発展を維持するためには金の発見・採掘が必要になるので、発見・採掘し続けなければならない・・・が金も現在は無尽蔵に取れるわけではないので経済が停滞してしまう。

さらに発掘されなくなるとお金(金や銀など)の流通量が減るため、商品の供給にお金の供給が追いつかずデフレが発生し、売り上げや利益が少なくなり倒産が続出する。

貧富の差がでる

そこで、銀やら合金やら金の代替えとなる通貨を発行して一時しのぎなどをしているが根本解決にはならない。なぜなら、金や銀などの発掘量にどうしても世界経済の衰退が委ねられてしまう部分は変わりないからだ。
金や銀を再流通させようとしたら、それらお金を持っている人が金利をつけてお金を欲しい人に貸すと。そうすると、金や銀が基盤となり
・お金を貸して儲ける人
・お金を借りて元本と金利を返すためにあくせく働く人
に分断化されて貧富の差がでる。

金本位体制が戦争に結びつくわけ

貧富の差がでると国内戦争とよばれる資本家と労働者の対立を生み出す。
また、金や銀のお金が多いほどお金を経済活動に使うことができるため、経済が活性化するのは自明である。

以前は、各国が金本位体制をしていたためどこの国も輸出を促進させ輸入には高い関税をかけることによって金が国外にでないように、国内に流入するようにしていた。

ただ、これらお金である金や銀を多く持つ国を手に入れてしまえ!とばかりに戦争をしかけてそれら資源を奪おうとしたのである。

以上のように金本位体制では、色々問題が多いのである。
そこで減価する貨幣が登場するのであれば、これはまた別記事で書く。
Sponsored Link
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


NEM
仮想通貨で不労所得!?NEM/XEMを買って不労所得を手に入れよう

タイトルは完全に釣りですが、、、仮想通貨で不労所得を得ることができのでその方法をご紹介します。 それ …

Ethereum(イーサリアム)
Ethereumベースの大企業向けブロックチェーンプラットフォーム 〜 Lamden ICO

Fortune 500の企業向けのブロックチェーンプラットフォームを提供するためのICO、ということ …

ICO
あのConsenSysがサポートしているLeverj 〜 暗号通貨トレーダープラットフォーム!

ConsenSysがサポートしているLeverjというICOについて調べてみました。 Sponsor …